セノビック 2歳

 

2歳でもセノビックを飲むことはできるのでしょうか?気になりますよね。子どもの成長を願うなら少しでも早く成長サプリを始めた方がいいのではと思ってしまいますよね。

セノビックは園児から飲めとということですが、2歳が飲んでも安全なものなのでしょうか。

 

2歳でセノビックを飲むのは早すぎる

セノビックを飲むことができる年齢ははっきりとは記載されていません。「園児」から飲めるとだけ書いてあります。園児って一体何歳のことをいっているのでしょうか。

保育園児のことであれば2歳で通っている子もいますよね。

幼稚園児なら4歳なので2歳は早すぎると言えますが、はっきりとした年齢が記載されていないので迷ってしまうのも無理はありません。

 

結論を言っておくと、2歳でセノビックを飲むのは早すぎると思います

セノビックを与えたからといって何か健康的に悪影響があるわけではありませんが、常識的な目線で考えれば早すぎるでしょうね。

セノビックが指している「園児」とは3歳~4歳のことを言っていると推測できます。

例えば4歳で成長サプリを始めてもすごく早い開始年齢ですので、まだ2歳のうちから焦る必要はないと思います。

確かに成長期の栄養補給には役立ちますが、添加物など安全面の心配もありますので早すぎても良いことばかりというわけではありません。

 

2歳は早すぎる!では3歳~4歳なら大丈夫なの?

セノビック 2歳

 

 

2歳ではあまりにも早いのですが立派な園児となった、3歳~4歳ではどうでしょうか。

 

添加物の心配がある

残念ながらセノビックには添加物が含まれています。

とは言っても基準値内のごく少量なので危険な成分というわけではありません。

砂糖や醤油と同じで一度に大量に摂取すれば悪影響がありますが、少量であれば毒性はないとされています。

添加物は多くの加工食品に含まれているので、普段から私たちは間違いなく口にしています。

ですが、子供と大人を同じよに考えるのは危険です。

すぐに悪影響はなくても10年後は分かりません。

まだ幼いうちは添加物は積極的に摂らせない方が良いのではないでしょうか。

3歳~4歳はまだ幼すぎますので、5歳~7歳あたりでセノビックを飲むか検討してみても決して遅くはないと思います。

 

食習慣を見直す

成長サプリを愛用するのも1つの手段ですが、毎日の食事からバランス良く栄養を摂取するのが理想的です。

まだお子様が幼いうちからセノビックに頼り切りになるよりも、栄養バランスのとれた料理を作った方が子供の為にも成長にもプラスとなります。

この機会に栄養を考えた手料理を勉強することも考えてみてはどうでしょうか。

 

5歳からでも遅くはない

セノビックを2歳から飲むのは早すぎると思いますので、5歳~6歳で検討してもよいのではないでしょうか。

園児のうちから無理して飲む必要もないかと思います。5歳から始めても十分早い年齢ですし、小学校低学年から始めても全然遅くはありませんよ。

成長サプリの必要性や身長への関心が理解できる年齢から始めると長続きしやすい傾向がありますので、小学生になって理解力が高くなってからが最適な年齢だと思います。

 

セノビックを2歳から飲む!まとめ

セノビック 2歳

 

セノビックを2歳から飲むというのは早すぎることが分かったはずです。

園児とはいっても4歳頃を言っているのだと思います。

2歳児はまだ赤ちゃんに近いのでその頃から添加物が含まれているセノビックを毎日飲むのはいかがなものかと思ってしまいます。

そもそも園児からでなくても小学校低学年から成長サプリを始めても早いくらいです。私も息子が小学校3年生になってから成長サプリはデビューしましたが適切な時期だったと思っています。

子どもが保育園や幼稚園に通っているくらい小さいのであれば焦る必要はないのでじっくり検討してみてもいいかもしれませんね。

 

⇒セノビックの詳細はこちら